• HOME
  • 協会について
  • 講習会
  • 各種資料
  • 情報公開

協会について

会長あいさつ

本気で信頼される環境産業

一般社団法人

兵庫県産業廃棄物協会

会長 白石 旬 

 

 兵庫県産業廃棄物協会は、平成元年に発足し、平成4年に兵庫県知事から社団法人として認可されました。公益法人制度改革に伴い、平成24年4月には一般社団法人兵庫県産業廃棄物協会となりました。

 当協会は産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を含む。以下同じ。)の適正処理及び再生資源の利用の促進を図るため、産業廃棄物に関する普及啓発などの諸事業を行い、県民の生活環境の保全に寄与することを目的としています。

 会員は、正会員及び賛助会員から構成され、正会員は、産業廃棄物処理業の許可を取得している事業者であることが条件となっています。また当協会の活動を支援していただける個人、団体は、どなたでも賛助会員となることができます。いずれも理事会の審査を経ることとなりますが、当協会の会員となることは、産業廃棄物処理業界において一定のステイタスを有することになると考えております。

 産業廃棄物の不適正処理は、ひと頃に比べて沈静化してきておりますが、これは、廃棄物処理法の度重なる規制強化だけでなく、我々協会の活動の寄与も大であると考えております。

 また、産業廃棄物処理業は静脈産業とも呼ばれており、適正処理は言うまでもなく、廃棄物に再度命を与えて、資源として社会に循環させる産業でもあります。このように産業廃棄物処理は地域の環境保全や社会秩序の維持、さらには循環型社会形成のための重要な使命を担っています。

 当協会の会員は、国や県などの情報を早く取得するなど多くの特典を有しています。また、当協会を始め全国47都道府県の協会で構成する公益社団法人全国産業廃棄物連合会が組織されており、この全国組織を通じて、廃棄物処理法など、廃棄物処理業者に関係する諸制度について意見交換し、提案等行うことにより、制度を改善する道も開かれています。

 入会の目的は、企業の更なる発展のため、社会的評価をアップさせるため、環境保全活動等社会的貢献を果たすためなど様々でしょうが、循環型社会の形成のためには処理業者の連携が必要です。皆様方と一緒に処理業者に課せられた社会的使命を果たしていきたいと考えます。一般社団法人兵庫県産業廃棄物協会への入会について是非ご検討くださるようお願いいたします。

 この入会案内を見ていただいた皆様方の今後のますますのご発展を祈念しております。

ページトップへ